カテゴリー: 未分類

弁護士に相談する

問診票交通事故の被害にあったならば、弁護士に相談をすると良いでしょう。障害等級取得を含めてトータルでしっかりとしたサポートをしてくれます。たとえば、等級認定を受ける際には後遺障害診断書が必要となります。これに基いて等級が判断されるのです。この診断書は医師が作成するのですが、医師というのは交通事故の専門家ではありません。そのため、診断書に不備が生じてしまうこともあります。これでは本来認定されるべきはずの後遺障害等級が認定されないケースもあります。これへの対策を取ってくれるのが弁護士です。弁護士であれば、等級の認定を受けやすい診断書の書き方を熟知しています。また、交通事故の処理に慣れている医師を紹介してくれるでしょう。

後遺障害診断書を作成するタイミングは病状固定されたあとです。病状固定というのはこれ以上治療をしてもそれ以上症状が回復する見込みのない状態のことです。このタイミングを上手く見極めることが大切であり、その際にも弁護士に相談すると良いでしょう。

診断書の記載内容についてはすべてを医師任せにしてはいけません。弁護士にも相談をしながらできるだけ自分に有利な内容になるようにしましょう。記入漏れがないかしっかりと確認するべきです。弁護士にも逐一確認してもらいましょう。

参照情報→交通事故 後遺症

障害等級取得について

男性後遺障害の等級を取得する際の流れについて説明しましょう。まず後遺症や障害の残っている身体の部位で分類をします。そして、その障害が物理的なものか、機能的なものかを分類します。さらにその障害によってどのくらい労働能力が低下しているのか、後遺症や障害の重さはどの程度かを診断して1から14の級を定めます。たとえば肩の可動域が3/4以下に制限されるようになると12級ということになります。

後遺障害等級認定ではまず併合というルールがあります。こちらは系列の異なる障害が2つ以上存在している場合、重い方の等級に従うというものです。また、加重というものがあります。こちらはすでに障害を持っていて、それが交通事故によって重くなった場合です。この場合は事故後の等級から事故前の等級を差し引くことになります。さらに準用というルールがあります。障害等級表というものがあり、もしそこに記載されていない障害が残った場合は、障害の内容から等級を定めます。

このような等級認定なのですが、書面で審査が行われます。認定基準についてはあいまいな部分もあります。この等級認定を受けたあとに損害賠償金の金額が決められることになります。保険会社がそれを算出します。

後遺障害の慰謝料

松葉づえ交通事故の後遺症に対する慰謝料については、それぞれの状況に応じて決定されます。実際には後遺障害等級というものがあり、それぞれ基準額が定められていて、それに基づいた額が決定されるのです。

後遺障害では明らかに交通事故が原因の後遺症であると医学的に証明できる場合において、労働能力の低下や喪失が認められて、さらに自賠責の定めている等級に該当している場合に損害賠償請求が認められるのです。したがって、すべての後遺症が後遺障害として認定されるわけではありません。条件を満たしていなければいけないのです。

後遺障害等級はそれぞれの部位や程度に応じて1から14級までの等級があり、140種類35系列もの後遺障害が分類されています。これは労災保険の障害認定と同じ基準に基づいています。後遺障害については、被害者ごとに状況は異なっています。それを個別に算出していくことは不可能なため、あらかじめ基準が用意されており、それに照らし合わせて等級を審査し、それによって後遺障害等級の認定が行われるのです。

したがって、後遺障害等級の認定はとても重要なものです。これによって実際にもらうことのできるお金がかなり異なってくるからです。正確な認定を受ける必要があります。

交通事故の後遺障害

交通事故交通事故にあってしまうと大変なことになります。自分が被害者になってしまうと、まず怪我の具合について確認しなければいけません。一見して大怪我であると分かるならば救急車で運ばれることになるでしょう。しかし、怪我が特に見当たらないようなケースもあります。このような場合でも病院で診断を受ければ、実は怪我をしていたということもあるのです。どのようなケースでも、交通事故にあってしまったならばすぐに病院で検査を受けるべきでしょう。

交通事故によって後遺障害が残ってしまうことがあります。後遺障害というのは後遺症のことです。怪我の治療を終えたにも関わらず、何らかの症状が残ってしまうことを後遺障害といいます。もし後遺障害があるならば、それについても慰謝料を請求することが可能です。交通事故による慰謝料には主に3つのものがあります。一つは入院慰謝料であり、一つは死亡慰謝料、そしてもう一つ後遺症慰謝料というものがあるのです。このうち後遺症慰謝料とは後遺障害慰謝料と呼ばれることもあり、後遺症についての精神的な苦痛に対して支払われることになります。そして、この後遺障害の慰謝料の金額については、障害等級取得というものが関わってきます

こちらでは交通事故の被害に対して後遺障害が残った場合の慰謝料の請求に注目します。特に重要なポイントである障害等級取得について紹介しましょう。いつ事故に巻きこまれるか分からないため、内容についてきちんと理解しましょう。

カレンダー

2018年9月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930