弁護士に相談する

問診票交通事故の被害にあったならば、弁護士に相談をすると良いでしょう。障害等級取得を含めてトータルでしっかりとしたサポートをしてくれます。たとえば、等級認定を受ける際には後遺障害診断書が必要となります。これに基いて等級が判断されるのです。この診断書は医師が作成するのですが、医師というのは交通事故の専門家ではありません。そのため、診断書に不備が生じてしまうこともあります。これでは本来認定されるべきはずの後遺障害等級が認定されないケースもあります。これへの対策を取ってくれるのが弁護士です。弁護士であれば、等級の認定を受けやすい診断書の書き方を熟知しています。また、交通事故の処理に慣れている医師を紹介してくれるでしょう。

後遺障害診断書を作成するタイミングは病状固定されたあとです。病状固定というのはこれ以上治療をしてもそれ以上症状が回復する見込みのない状態のことです。このタイミングを上手く見極めることが大切であり、その際にも弁護士に相談すると良いでしょう。

診断書の記載内容についてはすべてを医師任せにしてはいけません。弁護士にも相談をしながらできるだけ自分に有利な内容になるようにしましょう。記入漏れがないかしっかりと確認するべきです。弁護士にも逐一確認してもらいましょう。

参照情報→交通事故 後遺症

About the author

カレンダー

2018年9月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930