後遺障害の慰謝料

松葉づえ交通事故の後遺症に対する慰謝料については、それぞれの状況に応じて決定されます。実際には後遺障害等級というものがあり、それぞれ基準額が定められていて、それに基づいた額が決定されるのです。

後遺障害では明らかに交通事故が原因の後遺症であると医学的に証明できる場合において、労働能力の低下や喪失が認められて、さらに自賠責の定めている等級に該当している場合に損害賠償請求が認められるのです。したがって、すべての後遺症が後遺障害として認定されるわけではありません。条件を満たしていなければいけないのです。

後遺障害等級はそれぞれの部位や程度に応じて1から14級までの等級があり、140種類35系列もの後遺障害が分類されています。これは労災保険の障害認定と同じ基準に基づいています。後遺障害については、被害者ごとに状況は異なっています。それを個別に算出していくことは不可能なため、あらかじめ基準が用意されており、それに照らし合わせて等級を審査し、それによって後遺障害等級の認定が行われるのです。

したがって、後遺障害等級の認定はとても重要なものです。これによって実際にもらうことのできるお金がかなり異なってくるからです。正確な認定を受ける必要があります。

About the author

カレンダー

2018年4月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30